「清金」第8回 野々市の町名の由来 まさかの民話が!?

※記事中に少し広告がでてくることも!

P1133472.jpg
第8回は、野々市の中ほどの西側にある「清金」ついて調べました。なんか今までで一番神秘的な由来だなーって。結論から言うと!
以前、ラジオで野々市の町名の由来を1/3ほど一気に紹介したら、自分でも面白くて! 自分が住んでいた町の名前って、人の名前だったんだーとか、あー、それぐらい子供の時に知ってたらよかったな。って思ったので、少しずつですが、町名の由来を頭の片隅に残る程度に紹介しておきますー!

カレーを食べ歩いて25年目! 野々市生まれ野々市育ち! いしかわ観光特使で自称「いしかわカレー大使」のナマステが、いろいろ勉強して「ののいち博士」を目指ざしているブログです。

光り輝いていた石があったから!

清金(きよかね)」はその名の通り、清らかな金(石)という町名になるんですが、実は清金には「石の神様」という伝承とか民話が残ってまして。かなりザックリ話すと、正直者の作兵衛さんが、こぶし大の光った石を見つけて、村の人たちが「神様」ってことでお堂を建てて祀ったんだそうです。
なんで、「清金」って言うんですが、そもそも民話の最初に「清金村の作兵衛」と出てたり、江戸時代の文献に「清兼村」と出てたりなので、民話の方が後のような気がするのですが。。。
でも、正直なところ地名や町名の由来なんてなかなか正確に追えるものではないので、子供たちからしたら「石の神様」の方が由来としたら、しっくりくるのではーって思っちゃいました(^ω^)

只今多忙中につき、続きが気になる方は、
続きをかきやがれ! と、お気軽にご連絡くださいませ~。



今日の一言「でも、神社調べたら!??」

※自分も専門家でもないし、できるだけ一般的な説で多くの方に浅く頭の片隅程度でとどめるぐらいの内容で書いております。専門家の方は大きな心で読んでいただければ幸いです。
※記事の内容は掲載時点の情報ですので、変更になっている場合もございますので参考にされる場合は掲載日をご確認ください。
関連記事

SEARCH

CALENDAR

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

RECOMMEND

FM-N1 秘密のケンミンSHOW

CONTACT

名前:
メール:
件名:
本文:

CATEGORY

ARCHIVES

QR CODE

QR